おすすめの注文住宅

MENU

注文住宅のおすすめ間取り

どのような間取りにしようか悩む方も少なくないでしょうが、自分達だけの家という視点で注文住宅を希望する方がほとんどでしょう。

 

地方ではなく都会での注文住宅は、土地代やその他費用などが高くつくので予算的に厳しい面もあるでしょう。

 

しかし、我が家となる住宅の間取りを考えていると、ますます注文住宅が欲しいと感じます。

 

典型的な間取りを数点ご紹介しますね。

 

あなたが注文住宅を建てる際の参考にしてみてくださいね。

 

まず人気があるのは対面式キッチンでしょう。

 

台所でご飯の支度や洗い物をするお母さんと、リビングで寛いでいる家族が顔を合わせられますし、話もできます。

 

台所に立った時に家族の姿が見えるというのは、さらに料理が楽しく感じられるでしょう。

 

子供達との会話の機会も増えますし、会話も弾むでしょう。

 

また、リビングと隣接している和室や畳コーナーといった間取りも人気があります。

 

日本人にとってやはり畳は落ち着くスペースですよね。

 

祖父母との同居であれば尚更畳スペースが必要となるでしょう。

 

間仕切りを取り外してしまえば、広い空間にすることも可能となります。

 

外国と日本の住宅の異なるところは、引き戸で間仕切りをする点でしょう。

 

これは日本住宅の魅力的な点なので、ぜひ有効活用したいものですね。

 

収納であればウォークインクローゼットがオススメですよ。

 

衣類はかさばりますし、人数が増えれば衣類も増えますし、衣類を減らすのは難しいことです。

 

クローゼットの中を歩いて移動できるのが魅力的で、広いスペースを確保できるでしょう。

 

とても便利なスペースなのでクローゼットの中で着替えをするという方も多いようですよ。

 

収納場所を1箇所にまとめられるというメリットもあります。

 

ウォークインクローゼットは便利で様々な使い方ができます。

 

間取りについては家族や知人・友人など多くの人の意見やアドバイスをもらうといいでしょう。

 

 

世界中にただ一軒のオリジナルな注文住宅を建てたい、
そう思う人が増えています。

 

マンションや建売住宅には決まった間取りが多いので、
自由な間取りの住宅がほしい、
そう思うのも無理はありません。

 

 

キッチンではよく対面式があり、
注文住宅に採用する人も少なくありません。

 

キッチンで調理をする人がリビングで家族と対面できる、
これが対面式キッチンのメリットです。

 

食卓でしか顔を合わせることがない家族にとっては、
貴重な時間になるはずです。

 

従来の家にあった和室も、
最近はリビングに隣接した間取りに人気が集まっています。

 

フローリングのすぐ側にたたみの部屋があり、
ごろんと寝転ぶことも可能なのです。

 

個室に区切られた和室よりも、
畳を身近に親しめる仕様です。

 

年配者が泊まりに来たときなどにも、
使ってもらいやすいですね。

 

クローゼットの中が歩けるようになっている、
ウォークインクローゼットも高い人気です。

 

それほど衣装がないという人もいるかもしれませんが、
衣類は暮らしていれば大概増えてしまいます。

 

着替えを済ませることもできるスペースがあれば、
便利です。

 

日本の狭い住宅にとって、
収納の問題は重要です。

 

収納を工夫したいから、
注文住宅を建てたいという人もいるようです。

 

いろいろな間取りを見てみることで、
研究してみてください。

 

 

希望にかなった家を建てられる、
これが注文住宅の醍醐味です。

 

ただ、
誰しも予算が潤沢にあるとは限りません。

 

そこで、
設計士から自由選択して建築する人もいれば、
ハウスメーカーの注文住宅を選ぶ人もいるのです。

 

ハウスメーカーの注文住宅なら、
ある程度の選択肢がありそこから自由に選ぶという設計方法ですから、
自由度もありながら建売の便利さも得られるというメリットがあります。

 

ハウスメーカーの注文住宅でも、
間取りには希望を活かせます。

 

住む家族によって、
子供部屋がたくさん必要だったり和室が欠かせなかったりといろいろな要望があるでしょう。

 

これらを最初からプランニングしていくのは大変ですが、
ハウスメーカーの注文住宅ならチョイスするようなスタイルで設計していくことができます。

 

注文住宅を建てるときには、
家族のライフスタイルを真剣に考えます。

 

生活の仕方を大幅に変えなければならないような家は、
ストレスになりかねません。

 

これを快適な場にしていくのですから、
努力したぶん完成後に得られるメリットも多くなります。

 

全ての理想をかなえた家、
それは予算に制限がなければできないかもしれません。

 

それでも、
限りある予算の中で自分の家を自由に作る、
これが責任を持って家を所有し家族を守ることにつながるのです。