注文住宅と建設会社

MENU

注文住宅と建設会社の関係

建設会社に注文住宅を依頼する際には、どのような手順になるのかご存知ですか?
また、注意点はどのようなものになるのでしょうか。

 

注文住宅を依頼すると、まずは建築士が住宅の設計をします。

 

建築士と建設会社が異なるのであれば、それぞれ建築士と建設会社とそれぞれ契約を結ぶことになります。

 

それらの契約が面倒だと感じるなら、専属の建築士がいる建設会社を選ぶのもいいでしょう。

 

まずは、どのような家がいいのか、間取りや内装について建築士に細かく説明します。

 

間取りなどは家族で予め話し合っておかなければなりません。

 

それらの希望を聞きながら、建築士は制限事項などを検討していきます。

 

間取りについて考えるのは自由ですが、耐震強度などの制約ですべてが希望通りにいくとも限りません。

 

制約事項などを聞いてその都度建築士と相談や打ち合わせをしながら、図面を作成していきます。

 

図面が完成すれば、こまかな内装について打ち合わせをします。

 

内装についても話がついたら、見積りを出してもらいましょう。

 

自分たちの予算範囲内で住むのかどうか、予算オーバーとなってしまったなら何かしらどこかしらを削ったり変更する必要があります。

 

何年も先のことを考えて間取りを考えるでしょうが、将来リフォームすることも検討にいれて、今は割り切ってしまうというのも一つの方法ですよ。

 

建設会社が開催しているモデルルーム見学会などに参加してみて、参考にするのもいいでしょう。

 

どのような間取りがあるのか、実際に建ててみるとどうなるのか体感できますから、とても参考になるでしょう。

 

建設会社が信頼できるところであれば安心できますが、途中でトラブルが発生するケースもあるのです。

 

自分たちが永く住むための住宅だからこそ、良いものにしたいと考えるでしょうが、
そう簡単に実現できるものではありません。

 

 

注文住宅を建設会社に依頼するとき、
人によっては自分で契約した建築士に設計を頼むこともあるでしょう。

 

その手間を省くためには、
建設会社付きの建築士に依頼することです。

 

いずれの場合でも、
まずはどんな家を建てたいかを建築士と相談します。

 

そのうえで、
建築士が様々な条件を踏まえた設計を行います。

 

建築をする際には諸々の制約がありますから、
制約をクリアした上で希望に近い家を設計してくれる建築士を選びたいものです。

 

図面が仕上がったら、
内装などを決めて見積もりを出してもらいます。

 

ここでさらに予算と相談しながら設計に手を加えていくことになるので、
注文住宅の建築は最後まで妥協の連続だと覚悟しておきましょう。

 

10年後や20年後のことも考えて設計を依頼するともよくいわれますが、
そこで悩んでしまうならいつかはリフォームするものと割り切ったほうがよさそうです。

 

間取りで迷ったら、
建設会社が主催する内覧会などに参加してみるのも一案です。

 

刺激になって、
自分なりに求めている間取りが見つかるかもしれません。

 

ほとんどの人が、
建設会社と初めてのおつきあいをすることになるでしょう。

 

トラブルが発生する可能性もありますから、
あいまいな姿勢ではいけません。

 

自分の意思はしっかり持って、
注文住宅に挑みましょう。