注文住宅のトラブル

MENU

注文住宅のトラブル

注文住宅に憧れ続け、ようやく念願のマイホームを建てられたと感激する方も多いでしょうが、注意点があります。

 

注文住宅ではトラブルが発生するケースもあるのです。

 

トラブルの事例をご紹介しますね。

 

建築家と施工業者が同じでない場合には、両者の連携がとれておらずに、結果施工主が家ができるまでホテル住まいとなってしまったという例があります。

 

このケースでは原因が明らかになっているので、天候や災害といった不可抗力でないのであれば、ホテル代が請求できます。

 

しかし、建築家と施工業者双方で意見が異なるケースも少なくないでしょう。

 

建て主の希望や要望が反映されていない注文住宅もあります。

 

伸長が低い女性が、自分の体格や身長に合う設備を要望していましたが、施工業者が間違って標準の設備を採用し、身長の低い女性には全く不便な家ができてしまったのです。

 

この事例は裁判になり、結果建て主が全面勝訴となっています。

 

後から手直しするのは難しいケースもあるので、施工途中の段階で要望どおりに施工されているかをあなた自身も確認することが大切ですよ。

 

また、契約書にサインする前に詳細を漏らすことなくチェックしなければなりません。

 

トラブルは注文住宅だけでなく建売住宅でも起こりえます。

 

購入時にはとても良いと思えた建売住宅でも、実際に住んでみて次々と不具合に気づいたというケースも少なくありません。

 

配管にズレがあったり、床が湿ってくるなどの酷いケースもあります。

 

工事費がかさんでいき予算オーバーとなってしまうケースもあります。

 

契約の変更には面倒な手続きが必要となりますし、解約となればそれまでにかかった費用を請求がくるでしょう。

 

住宅の購入は契約書や詳細をしっかりと把握して契約をすることが重要です。