注文住宅と建売

MENU

注文住宅と建売住宅の比較

建売住宅にするか注文住宅にするかの選択は、難しいですよね。

 

どちらにするか選ぶ前に、まずは家族全員の提示する条件について考えてみましょう。

 

まず土地はお持ちでしょうか。

 

既に土地をお持ちであれば、その持っている土地に家を建てることになるので必然的に注文住宅になるでしょう。

 

時間をかけてじっくりと話し合いながら我が家について考えたいのであれば注文住宅になりますが、あれこれ考えるよりももう既に出来上がっている物件が楽だと感じるのであれば建売住宅になりますね。

 

一般的な意見としては、注文住宅の方が間取りを自由に考えられるのでメリットが大きいとなるでしょう。

 

しかし、実際に住んでみれば大きな違いは感じられないでしょう。

 

既に建ててある建売住宅も、そこに住む人のことを十分に考慮した間取りとなっているのが普通だからです。

 

ただ、そこに住むであろう家族の人数や年齢構成が異なるだけです。

 

部屋が足りないとか不足した場合でも、家族全体としては大した問題にはならないでしょう。

 

建売住宅であれば土地と住宅をセットで買うことになります。

 

同じ仕様の住宅がズラリと並んでいるケースが多いので、隣の家と仕様が同じなんて嫌だと感じるのであれば、注文住宅のほうがいいでしょう。

 

建売住宅は金額によって規模も異なってきます。

 

内装や外見なども人気のある仕様を反映しているものが多くなります。

 

自分なりのこだわりや個性を大事にしたいという方には、建売住宅ではなく注文住宅の方がオススメでしょう。

 

注文住宅の場合はその人や家族のこだわりが大きく関わってきますので、比較的金額が高くなることがほとんどです。

 

また、建築士や施工業者との事細かな打ち合わせでも金額は変わってきます。

 

建売住宅は既に建てられているものなので、金額も明確に明示されていて分かりやすいですし間取りも完成しているので揉めることはないでしょう。

 

自由度は低いですが多種多様で作られているものなので、建売住宅でもある程度の条件はクリアしていますから満足できるでしょう。

 

 

 

もしも土地を持っているなら、注文住宅を建てることになるでしょう。
しかし、これから土地も買うとなるなら、建売住宅もいいかなと迷っている人もいるはずです。
どちらがいいとは一概にいえませんが、自由度があるのは断然注文住宅です。

 

建売住宅は先に好みの家を選べる自由はありますが、設計時に希望を述べるようなことはできません。
オリジナルの間取りが必要なお宅には、注文住宅のほうが向いているかもしれません。

 

もちろん、建売住宅に不自由があるわけではありません。
暮らしやすい設計がされた家ですから、間取りにさえ不満がなければ十分良い家といえるでしょう。

 

ただし最近では、家の仕様についての情報がたくさん提供されています。
こんな収納がほしい、住む人の身長に合わせた設計にしたい、
そんな注文があるなら注文住宅が夢をかなえてくれるのです。
いったん建売住宅を買って、後でリフォームするという人もいます。

 

 

建売の外装や内装はごくごく一般的なものですから、
住んでみてから希望が出てきたところを直していくのもいいものです。

 

最初からこだわりを持って家を作りたいという人が選ぶ注文住宅も、
家づくりの難しさからトラブルに巻き込まれやすいという特徴があります。

 

金額も高くなり、余計に納得のいく住宅設計にしたいと思えます。
こうしたメリットやデメリットを踏まえて、注文住宅か建売住宅かを決めてください。

 

 

注文住宅を建てるときの注意

注文住宅を建てるには、土地が必要です。
立地条件、土地の形状、道路幅、交通状況など、
様々な点を確認しておかなければなりません。

 

そもそも住宅地として整備されている土地なら、
あまり心配することはありません。

 

住宅用の区画になっているはずですから、
問題なく住宅を建てることができるでしょう。

 

その土地を整備した会社が、
住宅の施工を行うケースも珍しくはありません。

 

土地のことをよく知っているという点では、安心です。
建築の契約をするまでには、
綿密な打ち合わせが行われます。

 

口頭だけで片付けていると、
何かあったときにトラブルになりかねませんから必ずメモをとっておきましょう。

 

見積もりを作成してもらったら、いったんチェック。
詳細が確実に記載されているかは、重要です。
トータルコストだけが記載されているような見積もりは、
トラブルを招きかねません。

 

 

また、そんなあいまいな見積もりを出してくる
施工会社に工事を任せるのは不安です。

 

ネットでは、見積書の見方について紹介しているサイトもあります。
照らし合わせながら確認してみれば、
おかしなところがあるかないかはすぐにわかります。

 

注文住宅を建てるとなったら、
今まで知らなかったことにあたふたしてしまうかもしれません。

 

しかし、落ち着いて対処すれば切り抜けられます。
こだわりの意思はしっかり持っておくこと、
相手に要望をきちんと伝えること、
疑わしい部分は明らかにしておくことなど、
基本的なポイントは忘れないようにしてください。