注文住宅と建売

MENU

注文住宅と建売

建売住宅にするか注文住宅にするかの選択は、難しいですよね。

 

どちらにするか選ぶ前に、まずは家族全員の提示する条件について考えてみましょう。

 

まず土地はお持ちでしょうか。

 

既に土地をお持ちであれば、その持っている土地に家を建てることになるので必然的に注文住宅になるでしょう。

 

時間をかけてじっくりと話し合いながら我が家について考えたいのであれば注文住宅になりますが、あれこれ考えるよりももう既に出来上がっている物件が楽だと感じるのであれば建売住宅になりますね。

 

一般的な意見としては、注文住宅の方が間取りを自由に考えられるのでメリットが大きいとなるでしょう。

 

しかし、実際に住んでみれば大きな違いは感じられないでしょう。

 

既に建ててある建売住宅も、そこに住む人のことを十分に考慮した間取りとなっているのが普通だからです。

 

ただ、そこに住むであろう家族の人数や年齢構成が異なるだけです。

 

部屋が足りないとか不足した場合でも、家族全体としては大した問題にはならないでしょう。

 

建売住宅であれば土地と住宅をセットで買うことになります。

 

同じ仕様の住宅がズラリと並んでいるケースが多いので、隣の家と仕様が同じなんて嫌だと感じるのであれば、注文住宅のほうがいいでしょう。

 

建売住宅は金額によって規模も異なってきます。

 

内装や外見なども人気のある仕様を反映しているものが多くなります。

 

自分なりのこだわりや個性を大事にしたいという方には、建売住宅ではなく注文住宅の方がオススメでしょう。

 

注文住宅の場合はその人や家族のこだわりが大きく関わってきますので、比較的金額が高くなることがほとんどです。

 

また、建築士や施工業者との事細かな打ち合わせでも金額は変わってきます。

 

建売住宅は既に建てられているものなので、金額も明確に明示されていて分かりやすいですし間取りも完成しているので揉めることはないでしょう。

 

自由度は低いですが多種多様で作られているものなので、建売住宅でもある程度の条件はクリアしていますから満足できるでしょう。