注文住宅が欲しいと思うのはダメなことですか…?

MENU

注文住宅とは

オーダーメイドで新築住宅を建てることを注文住宅といいます。

 

建売住宅というのは、建設会社が予め建てた住宅を購入する方法のことです。

 

注文住宅と建売住宅のどちらを購入するかは個人の自由ですが、家族構成で部屋数が異なったり年齢によってバリアフリーが必要になったりといったケースもあるので
永く住むことを考えたときには、注文住宅が最適なのではないでしょうか。

 

しかし建売住宅の方が費用面では安くで済みます。

 

注文住宅は注文する人の要望やこだわりが関わってくるので、当初の予算見積もりよりも高額になることが多いのです。

 

それでも自分の要望やこだわりが反映されるのですから、住宅の出来栄えには納得できるでしょう。

 

しかし、家族構成に変更が無いという方はいないでしょう。

 

小さな子供達が成長し、就職や進学・結婚などを機に家を出ていくこともあります。

 

そうなると夫婦の将来を考えてリフォームが必要となることもあるでしょう。

 

また、家族の考え方というのは時代によって目まぐるしく変わっていくでしょう。

 

一昔前のように長男が家を継がなければならないという必然性は薄れてきていますね。

 

老夫婦二人だけで暮らしているという家もあるでしょう。

 

二人だけの生活であれば、注文住宅は広すぎるという結果にもなるでしょう。

 

そのような場合に大きな家を売りに出し、夫婦二人でも十分な大きさの建売を購入しなおす人もいるでしょう。

 

家がなければ暮らしていけませんが、自分の所有物としての家というこだわりも薄くなるかもしれませんね。

 

注文住宅と建売住宅のどちらがいいのかどうかは、一概に答えが出せないものです。

 

人それぞれ考えも答えも異なりますし、正しい正解というのはありません。

 

注文住宅であっても、実際に住んでみることで気づく不都合な点が出てくるでしょう。

 

しっかりと考えていたつもりでいても、案外抜けている点があるものです。

 

実際には建売住宅もあまり変わらないのかもしれませんね。

 

注文住宅と間取り

注文住宅であれば、基本的に間取りの構想に決まりはありません。

 

現在の家族、またはこれから増えるであろう家族や子供のことを考慮して間取りを配置しなければなりませんね。

 

将来の家族構成を考えれば注文住宅がいいでしょう。

 

しかし自分たちで住宅の間取りを考えるというのは難しいものです。

 

実例やモデルルームなどを参考にしながら、納得のいくまで検討しましょう。

 

注文住宅を購入するのであれば、土地の場所や購入、資金計画の前から考え始めたほうがいいでしょう。

 

新婚時期から注文住宅を検討するのも、早すぎるということはありませんよ。

 

洋風がいいのか和風がいいのか、家族の好みを出し合っていきましょう。

 

当然これからの家族計画についても考える必要がありますね。

 

家族全員が一緒に寛げる素敵な空間になるよう考えましょう。

 

建設会社のホームページなどを見てみると、様々な実例写真やモデルルームが掲載されています。

 

それらを見て参考にしたり検討するといいでしょう。

 

もちろん、地域にによっては建築に制限がでるケースもあるようですよ。

 

工法的に難しい間取りとなってしまうケースもあるかもしれません。

 

間取りにこだわりすぎて予算オーバーとなることもあるかもしれません。

 

最終的は決断は家族全員で納得の上でしましょう。

 

用意できる資金やかかる予算についても考えなければなりませんね。

 

ローンを組むケースが圧倒的に多いでしょうから、無理の無い返済計画についても考えなければなりませんね。

 

注文住宅を検討するのであれば、子ども部屋や両親の部屋やリビングやキッチンの位置、洗濯物など日常生活についても想像しなければなりません。

 

それが注文住宅の醍醐味だとも言えますね。

 

どんなに考えて注文したとしても、実際に住んでみれば後悔するような点に気づくかもしれません。

 

それはどうにも避けられないでしょう。